お墓のお手入れや墓石のクリーニングの大切さ。

先祖が眠っているお墓には、故人の命日やお盆やお彼岸又は、近くまで行った際にお墓お参りに行くようにしています。
私の母親の実家で、お墓の墓石を新しくすることになりました。
お墓を新しくすることになった経緯を詳しく母親から聞いてみると、お墓は雨風の影響をまともに受けてしまい、墓石の汚れや痛みが激しくなってしまったようなのです。
私もお墓にお参りに行った時などは、丁寧にお墓掃除をしていましたが、墓石についた汚れは、綺麗に落とすことができなかったことを思い出しました。
何度か、業者さんにお墓掃除をお願いしてクリーニングをしていただいたこともあるようなのですが、思いっ切って新しく建て替えることにしたのだそうです。



新しく建て替えられることになったお墓ですが、日本産の石材や輸入墓石材などがあり、墓石の石材並びに苦慮したようです。
色々と迷ったようですが、日本産の耐久性がある石材を選び、お手入れ等、クリーニングしやすい墓石に決めたようでした。



お墓のことは、家を建てる事より、まだまだ人生の先のことのように思っていましたが、母の実家がお墓を建て替えたことによって、以前よりも身近に考えることになるよいキッカケとなりました。
お墓も家と同じようにお手入れやクリーニングが必要です。
先祖が眠っているお墓であり、いつかは自身も入ることになるお墓ですからお墓参りに行った時は、墓石の掃除も丁寧にして、大切にしていかなければならないと思いました。

You can leave a response, or from your own site.

Leave a Reply