赤ちゃんからお年寄りまで年代別に最適な布団とは

赤ちゃんが使うベビー布団は、大人の物とは少し違いがあるのは知っていましたか。骨や筋肉がまだ未発達のため、敷布団が柔らかいと体が沈み込んでしまい背骨が曲がってしまうという危険性があります。硬いわたが入っているもので、吸湿・放湿性の高い羊毛布団が良いと言われています。掛け布団は、赤ちゃんの活発な動きを妨げないように軽さと保温性を重視したほうが良いでしょう。その時に赤ちゃんの肌を傷めないよう触れるものは綿100%のほうが安心ですね。
働き盛りの若い人達は、男性と女性とで違いがあるようです。男性の場合は発汗量が多いのが特徴なので、吸湿性に優れていて実用性の高い布団が良いでしょう。それとは逆なのが、女性で発汗量は少ないのですが冷え症だという方が結構多いので、軽くて暖かみのある羽毛布団を選ぶと寒くて寝付くまでに時間がかかるとういう人にはおすすめなので試してみると良いでしょう。男性は実用性重視ですが、女性は質のいい少々高級な布団がいいのかもしれませんね。
高齢になってくると、若い時よりも眠りが浅くなり、夜中に目が覚めてしまうなど睡眠状態が変わってくるようです。ですから少しでも安眠出来る布団を用意してあげたいですよね。敷・掛け布団どちらも圧迫感のない軽量タイプのほうが快適ですし、毎日の布団の上げ下ろしも苦痛に思う事もないと思います。誰もが高齢になってくると新陳代謝が低下し、体力も落ちてくるので負担をかけずに眠りにつく事が出来る体に優しい布団を選んであげると良いでしょう。

You can leave a response, or from your own site.

Leave a Reply