上手に基礎化粧品を使いこなすには

どんなに良い基礎化粧品を使っていたとしても、日々の基本的なケアが十分でないと、効果がありません。
また、化粧品も種類が豊富ですが、化粧水と乳液の2つで基礎化粧品は整います。
10代、20代の若い人なら、つけ心地は軽い使用感でありながら、潤い力は高レベルな基礎化粧品を選ぶと良いです。
さっぱりとしたジェル乳液はべたついた感じが苦手という人にもお勧めです。
30代から40代の方は、ローヤルゼリーなどが配合された化粧品がいいと思います。


乾燥肌の人が基礎化粧品を選ぶ際は、保水力が高いヒアルロン酸が高密度で配合された、肌に吸いつくような化粧品を選ぶことが大切です。
このタイプの化粧品には、環境に優しい詰め替え用がありリピーターが絶えないシリーズもあります。
また、忙しい人に重宝されている、化粧水や美容液、乳液の機能が一つに凝縮された基礎化粧品もあり、人気が高いようです。
使用するたびに透明感のある肌になると評判のようです。


肌に合う基礎化粧品をもっていても、基本的なケアが完全でないと効果が半減してしまいますので、化粧水は、肌全体になじませます。
軽く肘をはりコットンで肌に風を送るようにパッティングしていきます。
毛穴が引き締まり、肌がもっちりとしてきます。
乳液も美容液も手で温めてから肌にのせていくことがポイントです。
この一手間をかけるか、かけないかでかなり、肌の状態も違ってきます。
最後は優しく肌に手をあてて顔を包み込むようにして終了です。

You can leave a response, or from your own site.

Leave a Reply